kinalife

ひとり暮らし3年生の24歳女子・きな子の日常ブログ(・v・)

ちはやふるとコラボしたトッポ発見っ('ω')

 

アニメ化、映画化などにもなった漫画ちはやふる

何度読んでも涙ぐみそうになる大好きな漫画です。

最近ひっそりとちはやふるブームの中にいたのですが、

 

 

ちはやふるとコラボしたトッポを発見!

 

f:id:kinalife:20170706125923g:plain

 

 

かわいい!!

 

これだけじゃなくていろんな台詞のバージョンがあって

選び放題でした\(^o^)/

迷いに迷って、机くんにときめいたこの台詞をチョイス☆

 

これは確かクラスのクリスマス会で

「楽しいけど、ここにかるた部のみんながいたらもっといいなあ」

と言ったちはやに机くんが放った一言!

机くんが不意打ちにいいこと言いすぎてときめいた!笑

 

ちはやふるの好きなところは主人公のちはや、新や太一だけでなく

その他の脇役キャラクターにもいいところがたくさんあって

ときめいてしまうところですね(/ω\)

ヒョロくんにときめいた時は正直びびりました←

誰でも主役になれるってことを証明してくれてるような漫画です(*'ω'*)

 

▽  ▽  ▽

 

ちはやふるを読んでてふと読みたいなあと思った小説が、

瀬尾まいこさんの「あと少し、もう少し」でした。

駅伝に参加する中学生の話。

中学生の独特な人間関係とか素直さとか、詰まってます。

 

学生の頃ってなんであんなに独特なんですかね。

社会人になって、「マナー」や「礼儀」というルールを

先頭に据えてよくなってからはすとんと楽になった気がします。

わたしには学生の頃の、「おもしろさ」や「ノリのよさ」を

第一に求められる環境はちょっとしんどかったなあと。

空気を読まなきゃいけないという部分は共通してありますけどね。

 

今読んでいる川上未映子さんの「乳と卵」を読み終わったら

ひさしぶりに読み返そうと思います(・m・ )